• 文字の大きさ

098-866-5171 お問い合わせ
呼吸器科 PLASTIC SURGERY

呼吸器科

呼吸器科について

About Medical department

命に直結する呼吸器疾患を
より良くコントロールする。

当院呼吸器科は副院長知念と呼吸器科部長馬場の2人体制で診療にあたっています。対象となる疾患は肺炎などの感染症、肺癌、気管支喘息、COPD、間質性肺炎などのびまん性肺疾患、胸膜炎、慢性呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群など多岐にわたります。看護師、呼吸療法士、理学療法士、栄養師、ソーシャルワーカーなどの多職種によるカンファレンス、回診を定期的に開催し、情報を共有し、より質の高い医療の提供を目指しています。

主な疾患と治療法

Disease and Treatment
肺炎

肺炎はいえん

症状

空気の通り道である気管支の末端や、気管支の周囲に存在する酸素と二酸化炭素のガス交換を行う肺胞に、細菌やウイルスなどの病原体が感染して炎症を起こしたものを、肺炎といいます。

肺炎の見極めかた
いわゆる”かぜ”は、かぜ症候群と言われる諸症状(くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭痛、37℃台の微熱など)からなり、80~90%はウイルスが原因です。かぜ症候群は、上気道(鼻や喉の部分)感染症である急性上気道炎に対応し、上気道に炎症が起こります。高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠感(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こるインフルエンザとの違いでもあります。
一方、肺炎では38℃を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠感(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。せき・痰がある場合には、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色)もみられます。高齢者では、高熱が目立たず、食欲低下、活動性の低下、歩行困難、意識障害などの症状で発症することもあり、特徴的な症状がないために、周囲に気付かれずに悪化した状況で搬送されることも少なくありません。

気管支喘息

気管支喘息きかんしぜんそく

症状

喘息の人の気道は、症状がなくても常に炎症をおこしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。炎症がおこっている気道はとても敏感になっていて、正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも狭くなり、発作がおきてしまいます。
症状は、せき、痰、喘鳴(息をするとゼーゼーと鳴る)、呼吸困難になるほどの発作を繰り返すというものです。発作が治まると、一見治ったように見えますが、実は気管支粘膜ではアレルギー炎症がくすぶっているので、治療を打ち切るかどうかは慎重に判断してもらいましょう。

検査

呼吸機能検査(スパイロメトリー)
喘息を診断したり、状態をチェックするために検査を行います。
気道可逆性試験
気管支を広げる薬を使って、その前後で肺活量がどのくらい改善するかを測定します。
血液検査
どのアレルゲンに対してアレルギー反応が起こりやすいかを確認するテストです。
胸部レントゲン検査
喘息と同じような症状を持つ他の呼吸器疾患との判別や、肺炎などの合併症を知るために行う検査です。

治療

治療法は、主に2種の薬を服用します。喘息が起こらないようにコントロールや予防をする薬である、「吸入ステロイド」や「ロイコトリエン受容体拮抗薬」などの抗アレルギー性炎症薬と、発作止めや気管支拡張薬である「β2刺激薬」などです。症状に応じて、薬の量をだんだんと増量していく「ステップアップ法」や、薬の量を減らしていく「ステップダウン法」など、重症度に応じた使い方を定めたガイドラインがあるので、その基準に応じて治療します。

肺がん

はいがん

症状

肺がんとは、気管支や肺胞の細胞が何らかの原因でがん化したものです。
進行すると、がん細胞が周りの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパ液の流れに乗って広がっていきます。
転移しやすい場所は、リンパ節、脳、肝臓、副腎、骨です。
肺がんは早期ではほぼ無症状です。病状の進行とともに、咳(せき)、痰(たん)、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状があらわれます。しかし、これらは必ずしも肺がんに特有のものではないため、他の呼吸器疾患と区別がつかないこともあります。複数の症状がみられたり、長引いたりして気になった場合は早めに医療機関を受診することが大切です。

検査

肺がんが疑われるときはまず胸部のX線検査、CT検査、喀痰(かくたん)細胞診などを行い、病変の有無や場所を調べます。その後、確定診断のためには病理検査が必要となり、気管支鏡検査、経皮針生検、胸腔鏡検査などを必要に応じて行い、肺がんが疑われる部位から細胞や組織を採取します。

胸部X線検査
肺にがんを疑う影があるかを調べます。簡便で広く普及した検査であり、集団検診で用いられています。
胸部CT検査
体の断面を描いたり、得られた写真から立体構成を描いたりすることが可能で、がんの大きさ、性質、周囲の臓器への広がりなど、胸部X線検査よりも多くの情報が得られます。
喀痰細胞診
がんの組織からはがれ落ち、痰に混ざって出てきたがん細胞を検出する検査です。1回だけの検査ではがん細胞を発見しにくいため、数日かけて何回か繰り返し痰を採って検査します。
気管支鏡検査(気管支鏡下肺生検)
気管支鏡と呼ばれる内視鏡を鼻または口から挿入して気管支の中を観察し、がんが疑われる部位の組織や細胞を採取して調べます。検査前に喉や気管の痛みを軽減するため口腔(こうくう)の奥まで局所麻酔を行った上で行います。

間質性肺炎

間質性肺炎かんしつせいはいえん

症状

「呼吸」とは、吸った空気(吸気)を気管から続く気道を介して、末端の肺胞という小さな袋にまで運び、肺胞の周りの「間質」の中を流れる毛細血管中の血液に酸素を与えるための作業です。間質性肺炎は、この間質にさまざまな原因による炎症が起こり、壁が厚く硬くなって(線維化)、血液中に酸素が取り込まれにくくなる病気です。症状としては、歩行やそのほか日常生活の中で身体を動かしているとき(労作時)に感じる息切れ、痰(たん)を伴わないせきなどが現れます。比較的ゆっくり進行する病気であるため、症状を自覚した段階ではかなり病気が進んでいることもあります。
線維化が進むと、蜂巣肺(ほうそうはい)と言われるような多数の穴(嚢胞)がCTなどで確認できます(肺線維症)。

検査

診断のためには、医師の問診・聴診などの診察、血液検査、肺活量などをみる呼吸機能検査、胸部X線やCTなどの画像検査を行いますが、場合によっては気管支鏡や胸腔鏡(きょうくうきょう)などで検査入院を必要とすることもあります。呼吸器科の専門医を受診するのがよいでしょう。

治療

特発性間質性肺炎・肺線維症以外の間質性肺炎は、ステロイドなどの薬がよく効くものもありますので、どのタイプの間質性肺炎であるかの診断が重要です。特発性間質性肺炎・肺線維症は徐々に進行する場合が多く、難治性で今のところ特効薬はありませんが、抗線維化薬やステロイドと免疫抑制薬の併用、NAC(Nアセチルシステイン)吸入などを症状に応じて行います。病気が進行して血液中の酸素が不足すれば、在宅酸素療法が必要になります。

実績

Result
気管支鏡検査数
2017年度41件
2018年度56件
2019年度45件

医師紹介

Doctor
  • 知念 徹

    副院長・内科部長

    知念 徹Tetsu Chinen M.D., Ph.D.

    知念 徹
    専門分野 | Specialized field
    ・一般内科
    ・呼吸器内科
    資格 | Qualification
    医学博士
  • 馬場 基男

    部長

    馬場 基男Motoo Baba

    馬場 基男
    専門分野 | Specialized field
    呼吸器内科

外来診療表

Calendar
初診・再診受付時間

平日

午前8:00〜11:00
午後13:00〜16:00

土曜

午前8:00〜11:00

面会時間

12:00〜21:00

呼吸器

11/18(月) 11/19(火) 11/20(水) 11/21(木) 11/22(金) 11/23(土)


仲松 正司
(琉大)
馬場 基男 知念 徹 馬場 基男 勤労感謝の日


馬場 基男 知念 徹 ---

睡眠時無呼吸

※要予約

11/18(月) 11/19(火) 11/20(水) 11/21(木) 11/22(金) 11/23(土)


勤労感謝の日


知念 徹 ---

この表は横スクロールできます

 

こちらも併せてご覧ください