• 文字の大きさ

098-866-5171 お問い合わせ
大浜第一病院ブログ

NAHAマラソン救護班 活躍の巻!

看護部

更新日:2019/12/02

どーもー 看護管理室でーす。

去った日曜日、NAHAマラソン大会が開催されました。

今回は最高気温が25℃を超え、ランナーにとってはきついコンディションでしたねー

ゴールできたのは14,613名(完走率64.2%)と厳しい結果でした。

当院では毎年救護班を編成し、ランナーの安全確保に貢献していて、医師&看護師&リハビリスタッフで救護活動をしました。

大浜救護班が活動したのは29㌔地点、エイドステーションと名づけられたエリアのテントに医療機材を持ち込み、簡易的なベッド?を設置して準備完了! 緊急時は任せろー(イヤ・・・傷病者は出ない方がいいですよ)

コース上では給水の準備も着々、今年はスポーツドリンクがポリバケツに大量に作られてました。エイドステーションのマニュアルには、“ポリバケツに水70L+スポドリパウダー70袋を投入”と記載されてました。結構豪快に作るんスねー

お昼に差し掛かる頃・・・多くのランナーがやってくるのに伴い、救護所にも傷病者が次々と収容されてきました。

この気温のせいか、熱中症や脱水によるものと思われる症状!(忙しくで写真撮れませんでした・・・あしからず)

制限時間を過ぎた頃、救護活動も落ち着いた頃に任務完了!!

重症者を出すことなく対応できました。

師走といえどもやっぱり沖縄っスねー。

救護活動に参加したスタッフの皆さん、お疲れ様でした。